植民地化と感染の主な違いは、植民地化は身体組織に微生物が定着するプロセスであり、感染は微生物が身体組織に侵入して病気の症状を引き起こすプロセスであることです。

微生物の病原性は、微生物が病気を引き起こす完全なメカニズムによって定義される完全な生化学的および構造的プロセスです。 例えば、細菌の病原性は、capsule膜、線毛、リポ多糖(LPS)および他の細胞壁成分などの細菌細胞の異なる成分に関連している可能性があります。 また、宿主組織を損傷したり、細菌を宿主の防御から保護する物質の活発な分泌と関連付けることもできます。 コロニー形成と感染は、微生物の病原性の2つの用語です。 微生物の病原性の最初の段階はコロニー形成です。 それは、宿主組織における病原体の正しい確立として知られています。 それどころか、感染症は、病原体が体組織に侵入して病気を引き起こすことです。

内容

1.概要と主な違い2.コロニー形成とは3.感染とは4.コロニー形成と感染の類似性5.左右比較-表形式でのコロニー形成と感染6.まとめ

植民地化とは何ですか?

これは、微生物と病原体の定着の最初のステップです。 それは、宿主の侵入の正しいポータルでの病原体の正しい確立です。 病原体は通常、外部環境と接触している宿主組織にコロニーを形成します。 人間のエントリのポータルは、泌尿生殖器管、消化管、気道、皮膚、結膜です。 これらの領域にコロニーを形成する通常の生物には、組織接着メカニズムがあります。 これらのアドヒアランスメカニズムには、ホストの防御によって表される一定の圧力を克服し、耐える能力があります。 これは、人間の粘膜表面に付着したときに細菌が示す付着メカニズムによって簡単に説明できます。

真核生物表面への細菌の付着には、受容体とリガンドという2つの要因が必要です。 受容体は通常、真核生物の細胞表面に存在する炭水化物またはペプチド残基です。 細菌のリガンドは癒着と呼ばれます。 通常、細菌の細胞表面の高分子成分です。 癒着は、宿主細胞受容体と相互作用しています。 癒着と宿主細胞受容体は通常、特定の相補的な様式で相互作用します。 この特異性は、酵素と基質または抗体と抗原の間の関係のタイプに匹敵します。 さらに、細菌の一部のリガンドは、1型線毛、4型線毛、S層、グリコカリックス、カプセル、リポ多糖(LPS)、テイコ酸およびリポテイコ酸(LTA)として記述されています。

感染とは何ですか?

感染は、細菌、ウイルス、それらの増殖、および特定の感染因子または毒素に対する宿主による集合的応答などの感染因子による身体組織の侵入です。 伝染病と伝染病は、感染症の別名です。 人間のようなホストは、自然免疫および適応免疫システムを使用して感染を克服できます。 自然免疫系は、感染と戦うことができる樹状細胞、好中球、マスト細胞、マクロファージなどの細胞で構成されています。 さらに、自然免疫系のTLR'S(Toll様受容体)のような受容体は、感染因子を容易に認識します。 リソソーム酵素のような殺菌剤は、自然免疫系において非常に重要です。

定着と感染の違い_図1

適応免疫システムの場合、抗原提示細胞(APS)、B細胞、およびTリンパ球が集合的に抗原抗体反応を誘発し、人体から感染因子を完全に除去します。 しかし、病原体は、人間の自然で適応的な免疫システムを克服するためにさまざまなメカニズムを持っています。 さらに、病原体には、ヒトのマクロファージやリソソームへの付着を防ぐなどの回避メカニズムがあります。 また、病原体は、エンドトキシン、エンテロトキシン、志賀毒素、細胞毒素、熱安定性毒素、熱不安定性毒素などの毒素を産生します。 サルモネラや大腸菌のような有名な細菌のいくつかは、感染プロセスの成功で毒素を産生します。 さらに、成功した感染は、宿主の完全な分子免疫機構を克服することによってのみ引き起こされます。

植民地化と感染の類似点は何ですか?

  • コロニー形成と感染は、微生物の病原性の主要なステップです。 彼らは協力して病気を引き起こします。 さらに、これらの両方のステップは、病気や症状の発生にとって非常に重要です。 どちらも病原体の増殖にとって等しく重要です。

植民地化と感染の違いは何ですか?

植民地化は、身体組織に微生物が定着するプロセスです。 対照的に、感染は、病原体による体組織の侵入、それらの増殖、および特定の感染因子または病原体の毒素に対する宿主による集合的応答です。 線毛、線毛、LPSのような付着因子はコロニー形成に非常に重要ですが、感染は付着を必要としません。 さらに、細胞受容体は、コロニー形成プロセスを成功させるために病原体に付着するのに重要です。 ただし、細胞受容体は感染にとって重要ではありません。

植民地化と感染のもう1つの違いは、毒素の産生です。 コロニー形成は毒素を生成しませんが、感染は生成します。 さらに、前者は病気や症状を引き起こさないが、後者は引き起こす。 コロニー形成と感染の別の違いは、急性炎症です。 コロニー形成は、急性炎症を引き起こしたり、宿主に害を与えたりしませんが、感染は急性炎症を引き起こし、宿主組織を傷つけます。

植民地化と感染の違い-表形式

まとめ–定着と感染

細菌の場合の病原性は、capsule膜、線毛、リポ多糖(LPS)、線毛、およびテイコ酸、グリコカリックスなどのその他の細胞壁成分などの細菌細胞のさまざまな成分に関連しています。宿主組織を損傷したり、細菌を宿主防御から保護する物質。 コロニー形成と感染は、微生物の病原性における2つの主要なステップです。 微生物病原性の最初の段階はコロニー形成です。 それは、宿主組織内の病原体の正しい確立、または宿主の侵入の正しいポータルです。 それどころか、感染症は、病原体が体組織に侵入して病気を引き起こすことです。 これは、植民地化と感染の違いです。

植民地化と感染のPDFバージョンをダウンロードする

この記事のPDFバージョンをダウンロードして、引用メモに従ってオフラインで使用できます。 PDFバージョンはこちらからダウンロードしてください。植民地化と感染の違い

参照:

1. WI、ケネストーダーマディソン。 細菌性病原体によるコロニー形成と侵入、こちらから入手可能。 2.「感染。」 ウィキペディア、ウィキメディア財団、2017年11月18日、こちらから入手できます。

画像提供:

1.「病原性感染」Uhelskie著–自作(CC BY-SA 4.0)コモンズウィキメディア経由2.「感染症の連鎖」Julesmcn著– Genieieiop作–自作(CC BY-SA 4.0)コモンズウィキメディア経由