HDLC対SDLC

HDLCおよびSDLCは通信プロトコルです。 SDLC(同期データリンク制御)は、IBMが開発したコンピューターネットワークのデータリンク層で使用される通信プロトコルです。 HDLC(高レベルデータリンク制御)は、再びISO(国際標準化機構)によって開発されたデータリンクプロトコルであり、SDLCから作成されました。

SDLCは1975年にIBMによって開発され、Systems Network Architecture(SNA)環境で使用されます。 それは同期的でビット指向であり、その種の最初のものでした。 効率、柔軟性、速度において、同期の文字指向(IBMのBisync)および同期バイト数指向のプロトコル(DECのDDCMP)を上回りました。 ポイントツーポイントおよびマルチポイントリンク、境界付きおよび境界なしメディア、半二重および全二重伝送機能、回線交換およびパケット交換ネットワークなどのさまざまなリンクタイプおよびテクノロジーがサポートされています。 SDLCは、「セカンダリ」ノードと呼ばれる他のステーションを制御する「プライマリ」ノードタイプを識別します。 したがって、セカンダリノードはプライマリによってのみ制御されます。 プライマリは、ポーリングを使用してセカンダリノードと通信します。 セカンダリノードは、プライマリの許可なしでは送信できません。 4つの基本構成、つまり、ポイントツーポイント、マルチポイント、ループ、およびハブゴーアヘッドを使用して、プライマリノードとセカンダリノードを接続できます。 ポイントツーポイントには1つのプライマリノードとセカンダリノードのみが含まれますが、マルチポイントには1つのプライマリノードと多数のセカンダリノードが含まれます。 ループトポロジはループに関係します。ループは基本的にプライマリを最初のセカンダリに接続し、最後のセカンダリを再びプライマリに接続して、中間セカンダリがプライマリの要求に応答するときに相互にメッセージを渡すようにします。 最後に、Hub go-aheadには、セカンダリノードへの通信用のインバウンドおよびアウトバウンドチャネルが含まれます。

HDLCが存在するようになったのは、IBMがさまざまな標準委員会にSDLCを提出し、そのうちの1つ(ISO)がSDLCを修正し、HDLCプロトコルを作成したときだけです。 これもビット指向の同期プロトコルです。 SDLCで使用されるいくつかの機能が省略されているという事実にもかかわらず、HDLCはSDLCの互換性のあるスーパーセットと見なされています。 SDLCフレーム形式はHDLCで共有されます。 HDLCのフィールドには、SDLCのフィールドと同じ機能があります。 HDLCも、SDLCとして同期全二重動作をサポートします。 HDLCには32ビットチェックサムのオプションがあり、HDLCはループまたはハブのゴーアヘッド構成をサポートしていません。これらの構成はSDLCとは明らかに小さな違いです。 しかし、主な違いは、HDLCがSDLCの1つではなく3つの転送モードをサポートしているという事実から来ています。 1つ目は通常応答モード(NRM)です。このモードでは、プライマリが許可を与えるまで、セカンダリノードはプライマリと通信できません。 これは、実際にはSDLCで使用される転送モードです。 第二に、非同期応答モード(ARM)により、セカンダリノードはプライマリの許可なしに通信できます。 最後に、結合ノードを導入する非同期平衡モード(ABM)があり、すべてのABM通信はこれらの種類のノード間でのみ行われます。

要約すると、SDLCとHDLCはどちらもデータリンク層ネットワークプロトコルです。 SDLCはIBMによって開発され、HDLCはSDLCをベースとしてISOによって定義されました。 HDLCにはより多くの機能がありますが、SDLCの一部の機能はHDLCにはありません。 SDLCは4つの構成で使用できますが、HDLCは2つだけで使用できます。 HDLCには、32ビットチェックサムのオプションがあります。 これら2つの主な違いは、転送モードにあります。 SDLCにはNRMの転送モードが1つしかありませんが、HDLCにはNRMを含む3つのモードがあります。