結婚vs市民パートナーシップ

結婚は文明と同じくらい古い制度です。 それは社会に何らかの秩序をもたらし、社会における家族の基本単位を促進するための取り決めであると考えられていました。 最近の数十年で結婚の概念はいくらか希薄になりましたが、同性の人々が結婚と同様の組合に入った事件の数が増加しました。 一部の国では、この法的取り決めは市民パートナーシップと呼ばれます。 同性に属するカップルは、伝統的な結婚のカップルと同じ権利を取得しますが、この記事で説明する伝統的な結婚と市民のパートナーシップには違いがあります。

結婚

結婚とは、夫婦が結婚して夫婦で生活し、交尾することを制裁する社会的取り決めです。 結婚しているカップルは寝てセックスをすることがわかります。 結婚の概念は多くの文化において神聖であると考えられており、この制度の背後には何千年もの間試練に耐えてきた宗教的、社会的、法的制裁があります。 すべての文化のほとんどの人々は、結婚した夫婦の合法的な相続人または後継者と見なされる子孫と結婚し、生産します。 男と女の夫婦は配偶者と呼ばれます。

一部の文化では、結婚の宗教的基盤があり、人々はそれを結婚する義務があると考えています。 結婚する社会的および性的理由もあります。 カップルは、男性または女性が結婚することを決定したときに満たされることが期待される役割と責任があるため、結婚生活に入るのに必要なことを理解しています。

市民パートナーシップ(市民連合)

結婚の伝統的な概念は、性別の異なる二人の間の結婚式の概念です。 しかし、最近、同性の人々が結婚生活を始める傾向が高まっています。 これは、市民パートナーシップのカップルが伝統的な結婚と同じ法的権利を享受していても、結婚ではなく市民パートナーシップの名前が与えられています。

デンマークは、1995年に同性愛者とレズビアンの間のこの法的取り決めを認めた世界で最初の国でした。それ以来、他の多くの国は、同性の人々の間の結婚の取り決めに原則的に同意しました。 市民パートナーシップの背景にある考え方は、同性に属する夫婦間の絆を認識し合法化することです。

結婚と市民パートナーシップの違いは何ですか?

•市民パートナーシップは合法ですが、そのような組合に依然として反対している宗教に支えられていません

•式典は教会で行うことはできません。また、市民パートナーシップの宗教への言及はありません。

•財政、相続、年金、生命保険、維持などのすべての重要な側面において、結婚の規定は市民パートナーシップにも適用されます

•結婚のように市民パートナーシップでは話し言葉はなく、イベントは2番目のパートナーによる契約の署名で完了します。