書くことで示すことと話すことの主な違いは、示すことは、読者が場面の精神的なイメージを得ることができるように起こっていることを記述することを含むのに対して、伝えることは読者に物語を説明または記述することのみを含むことです。

ストーリーは、面白くて成功するストーリーであるために、見せることと伝えることの組み合わせを持たなければなりません。 表示することで、読者はまるで「現場」にいるかのように感じられ、実際に自分がそこにいるのではなく、他の人に何か起こったことを伝えるように感じながら、物語が展開します。

内容

1.概要と主な相違点2.執筆中に示されているもの3.執筆中に伝えられているもの4.並列比較–表形式での記述中の表示と告知5.まとめ

書面で何を示していますか?

文書で表示することは、読者がシーンの精神的なイメージを得ることができるような方法で何が起こっているかを記述することを伴います。 言い換えると、読者はまるで彼らが実際に「現場」にいるかのように感じ、物語が展開しているのを見るでしょう。 それは、多くの感覚データ(視覚、嗅覚、味覚、音など)、対話、および知覚を使用する作家を含みます。

書面での表示と表示の違い

たとえば、メインキャラクターが背が高いと言うだけでなく、他のキャラクターが話しかけたときの様子や、ドアをくぐるのにアヒルが必要な様子をナレーションまたは表示することができます。 同様に、キャラクターが怒っていると言う代わりに、顔を赤らめたり、声を上げたり、握りこぶしを握ったりして説明します。したがって、この種の説明は、このキャラクターが背が高いと推測するのに役立ちます。 したがって、表示することで、読者は作家が提供するすべての情報を収集し、ストーリーについて自分の結論に達することができます。

優れた作家は、多くの場合、ストーリーの主要なイベント、特にストーリーの興味深く感情的な部分をできる限り表示しようとします。

書面で伝えることは何ですか?

書面で伝えるには、物語を読者に説明または説明することが含まれます。 話すことは、実際に自分自身がそこにいるのではなく、起こったことについて他の人に話してもらうような気がします。 例えば、

「シンデレラは、彼女の邪悪な継母と彼女の2人の娘と一緒に住んでいる美しく、穏やかで、親切な女の子でした​​。 継母と彼女の2人の娘は、彼女を使用人のように扱い、家事をすべてやらせました。 しかし、シンデレラは決して不満を言いませんでした。 彼女は忍耐と勇気で大いに耐えました。」

書面での表示と表示の主な違い

ただし、伝えることには独自の利点もあります。 この手法を使用して、2つの主要なイベント間で移行することができます。特に、その間に何が起こるかがあまり重要でない場合に使用できます。 たとえば、ストーリーにわずかに関連する過去のインシデントを説明している場合、数行で要約できます。 つまり、背景情報とストーリーの退屈な部分を要約できます。

書面で表示および表示する例

Writing_Figure 3の表示と表示の違い

書面での表示と表示の違いは何ですか?

表示することは、読者がシーンの精神的なイメージを得ることができるように起こっていることを説明することを含みますが、伝えることは、読者に物語を説明または説明することのみを含みます。 したがって、これは書面での表示と表示の重要な違いです。 さらに、作家が執筆中に示すことを使用すると、読者はあたかも実際に物語の中にいるかのように感じ、物語が展開しているのを見るでしょう。 しかし、読者は語る際にこの感覚を経験することはありません。 したがって、これは、書面での表示と表示のもう1つの違いです。

さらに、表示には感覚データ(視覚、嗅覚、味覚、音など)、対話、知覚が含まれ、伝えるには物語の要約が含まれます。 書面での表示と表示のもう1つの重要な違いは、作成する効果です。 表示することでストーリーがより面白く感情的になりますが、伝えることは単に要約するのに役立ちます。 さらに、作家は、ストーリーの主要なイベントでの紹介、背景情報、重要でないイベントなどの説明を使用します。

表形式の書面での表示と表示の違い

要約-書面での表示と指示

ストーリーは、面白くて成功するストーリーであるために、見せることと伝えることの組み合わせを持たなければなりません。 書くことで示すことと話すことの主な違いは、示すことは、読者が場面の精神的なイメージを得ることができるように起こっていることを記述することを含むのに対して、伝えることは読者に物語を説明または記述することのみを含むことです。

画像提供:

1.「15190222775」、ライアン・ヒコックス(CC BY-SA 2.0)、Flickr経由2.「1149959」、Free-Photos(CC0)、pixabay経由